資金調達の際は即日振込してくれるファクタリング会社に相談

ファクタリングは緊急時の資金調達方法として組み込む!

打ち合わせ

会社経営の中で、資金計画は事業継続をする上で重要な業務の一環です。しかし、取引を行う上で、予想外の計画変更を余儀なくされるケースもあります。しかも、突然の計画変更は金融機関からの融資には間に合わせ難い問題があります。銀行からの融資には、申し込みから1ヶ月から3ヶ月も掛かることが資金繰りが立ち行かなくなることもあり得ます。
取引先が売掛金の支払を月末契約としていたとしても、支払に小切手や支払手形を振り出されてしまうと現金が手に入れられる時期が延び延びになります。そこで、緊急時にはファクタリングにより、売掛金を売買譲渡するのが回避策となります。契約時の手数料は高いものの、自社の資金契約で約束手形を振り出しており、不渡りになって信用失墜になるよりも手数料の方が安いものと言えます。特に、一度でも不渡りを起こすと手形の価値が下がり、当座預金が使えなくなるどころか、取引先の多くに影響を与えかねません。
そのためファクタリングは、常に資金調達方法の一つと位置付け、いつでも契約出来るように準備することが重要になります。予め準備をしておけば、手数料の低い売掛金を優先的に売買でき、無駄なコストを発生させずに済むというメリットもあります。また、ファクタリングを理解することもでき、相手先の資金繰り悪化による支払方法の変更についても、ファクタリングによる対応も提案可能になります。

インフォメーション

  • 自社の赤字決算は問題無いが売掛先の赤字は影響する!

    売掛金を売買譲渡するファクタリングは、資産の売却となるため、金融機関からの…

  • ファクタリングは緊急時の資金調達方法として組み込む!

    会社経営の中で、資金計画は事業継続をする上で重要な業務の一環です。しかし、…

  • ファクタリングでの自転車操業に注意!利益がどんどん減少!

    ファクタリングにより、一時的に資金繰りのショートを改善することは一定の効果…

  • ファクタリングはどんな人が利用出来るのか

    一見ファクタリングのサービス内容から考えると、利用出来る人はごくわずかのと…